産業廃棄物処理(中間処理)

ウォーター・リサイクル工法について

 

アスファルトやコンクリートの切断・掘削工事において使用された水/汚染水の大部分が、安全・確実に処理できておりません。これは工事中もしくは後に重大な環境問題を発生させる事になります。
これまで用水路・雨水溝・若しくは下水等に放流された環境破壊の一因となっていた泥土(ノロ)を、安全・確実に現場にて処理するのが本ウォーター・リサイクル工法です。ウォーター・リサイクル工法は、冷却水に仕用した水を回収・再利用する事を可能にしました。
冷却水は泥土(ノロ)として回収し、脱水・ph処をし水分と脱水ケーキに分離します。
処理水は冷却水として再利用が可能ですし、ph処理をしていますのでそのまま放流も可能です。

 

 

許可証

産廃処理施設

搬入状況

処理状況1(脱水)

処理状況2

処理状況3

 

 

 

 

ページの先頭へ