工法・技術

工事実施例ワイヤーソー

 

先進テクノロジーにより、コンクリ−ト構造物の切断に革新をもたらしたのがダヤモントワイヤーソーエ法です。
同工法は、切断対象物にダイヤモントワイヤーを環状に巻きつけ、高速走行させて切断する工法で、特に大型鉄筋コンクリートの切断に威力を発揮します。縦・横・斜めなど自在な切断で対象物の大ささや形を選ばす、しかも騒音・震動・粉じんの発生が少ない画期的な工法です。 ダイヤモントワイヤーソーエ法が適した用途としては、あらゆる鉄筋コンクリ−ト構造物をはじめ、大型コンクリート構造物、橋梁やよう壁、さらに水中構造物、煙突など高屑物があげられます。また、耐震性ゴムなどの取り付けにともなうビル支柱の切断や病院・ホテルなど、騒音・粉じん・震動に規制の厳しい場所での切断に威力を発揮します。

 

 

橋脚・橋台撤去工事(ワイヤーソー)

場所:福岡市御笠川
内容:既設橋台撤去工 1ブロック4ton〜9tonで切断

 

 

水中ワイヤーソー工事

場所:長崎市内

期間:H18年
内容:H鋼杭をワイヤーソーで切断

 

 

乾式ワイヤーソー工事

 

 

ビル縁切り(ワイヤーソー)工事

場所:熊本医大

期間:H16年
内容:増築・解体に起こす振動・騒音を低減させるため建物の縁切りを行った。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ